細菌は美容に役立つのか?

常在細菌であるブドウ球菌(staphylococcus…coccusはラテン語で「粒」の意)は紫色に染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒が強大な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と一方は毒素の微弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2つになっています。

うす暗い場所だと光量が足りなくてものが見づらくなりますが、更に瞳孔が開くため、眼のレンズのピントを合わせるのに余計なエネルギーが使用されてしまい、結果的に日の差す所でモノを眺めるより疲労が大きくなるのです。

ものを食べるという行為は、次に食べたい物を気軽に口へ入れて何度か噛んで後は飲み下すだけだが、その後も人体は実に律儀に動いて異物を体に取り入れるように努めているのだ。

「あまりにも多忙だ」「上っ面だけのいろんなお付き合いが嫌でたまらない」「テクノロジーや情報のハイレベルな進歩になかなか付いていけない」など、ストレスを受けてしまう場面は一人一人違うようです。

5-HT(セロトニン)神経は、自律神経のバランスを調整したり痛みのブロック、あらゆる覚醒現象などを支配していて、鬱病の方はその働きが落ちていることが分かっている。

3種類のアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione-SH)には、細胞の機能を悪くしたり変異を誘引する人体に害のある物質を体内で無毒化し、肝臓の機能性を強める役目が認められているのです。

杉花粉症などの緒症状(水っ洟、鼻づまり、連発するクシャミ等)のために夜間よく睡眠を取れないと、それが要因で慢性の睡眠不足に陥り、翌日目覚めてからの仕事内容にダメージを及ぼすかもしれません。

万が一婦人科の検査で事実上エストロゲンとゲスターゲンの分泌量が足りず早発閉経(POF)だと判明したら、少ない女性ホルモンを足す治療方法で良くなります。

メタボリック症候群とは診断されていなかったとしても、内臓の脂肪が多く蓄積しやすい特性の悪い肥満症を抱えてしまう事に縁り、数多くの生活習慣病を招きやすくなります。

基礎代謝量(kcal)とは目覚めている覚醒状態で生命活動を維持する(心臓の鼓動、呼吸、腎臓の様々な働き、体温や筋緊張のキープ等)のに必要な最低限のエネルギー消費量のことをこう呼んでいます。

自動車事故や作業現場での転落など、かなり大きな外力が体にかかった場合は、複数の部分に骨折が起こってしまったり、開放骨折になってしまったり、酷い場合は臓器が破裂することもよくあります。

加齢が原因の耳の聞こえ辛さはちょっとずつ聴力が低下するものの、一般的に60歳を超えてからでないと耳の悪さをきちんと認識できないものです。

インキンタムシ(陰金田虫)というのは、医学上では股部白癬という病名で、白癬菌というカビが股部、陰嚢(いんのう)、臀部などの部位に何らかの理由でうつってしまい、定着した病気のことで水虫のことなのです。

HIVを含んでいる血液、精液を始め、母乳や腟分泌液などの様々な体液が、看病する人や交渉相手などの傷口や粘膜部分に接触すれば、感染の危険性が高くなります。

環状紅斑(かんじょうこうはん)について説明すると輪状、要するに円い形状の真っ赤な湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふの病気の総合的な名前であり、その素因は実に多種多様だといえます。