オールインワン化粧品は種類が多くて選ぶのが難しい?!

「敏感肌」の人の為に売られているクリームまたは化粧水は、肌の乾燥を阻むのはもとより、肌の角質層が先天的に備わっていると指摘される「保湿機能」を回復させることも夢と言うわけではありません。
どちらかと言えば熱いお風呂の方が好きだという人もいるはずですが、飛んでもなく熱いお湯は肌にはマイナスで、肌の保湿成分と言える脂分を急に奪いますので、乾燥肌の中心的な要因になると聞いています。
思春期ニキビの発生ないしは激化を阻むためには、毎日の生活スタイルを再点検することが必要だと断言できます。とにかく念頭において、思春期ニキビが生じないようにしてくださいね。
水分が失われてしまうと、毛穴の周りの柔軟性もなくなり、閉まった状態を保つことができなくなります。そうなりますと、毛穴に化粧の取り残しや雑菌・汚れといったものなどが残った状態になるそうです。
スキンケアと言っても、皮膚の一部分である表皮とその中を構成する角質層部分までにしか効果はないのですが、この重要な役割を持つ角質層は、酸素の通過も遮断するほど頑強な層になっていると言われています。

Continue reading “オールインワン化粧品は種類が多くて選ぶのが難しい?!”

細菌は美容に役立つのか?

常在細菌であるブドウ球菌(staphylococcus…coccusはラテン語で「粒」の意)は紫色に染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒が強大な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と一方は毒素の微弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2つになっています。

うす暗い場所だと光量が足りなくてものが見づらくなりますが、更に瞳孔が開くため、眼のレンズのピントを合わせるのに余計なエネルギーが使用されてしまい、結果的に日の差す所でモノを眺めるより疲労が大きくなるのです。

ものを食べるという行為は、次に食べたい物を気軽に口へ入れて何度か噛んで後は飲み下すだけだが、その後も人体は実に律儀に動いて異物を体に取り入れるように努めているのだ。

「あまりにも多忙だ」「上っ面だけのいろんなお付き合いが嫌でたまらない」「テクノロジーや情報のハイレベルな進歩になかなか付いていけない」など、ストレスを受けてしまう場面は一人一人違うようです。

Continue reading “細菌は美容に役立つのか?”

ヒアルロン酸は美容の最大栄養素?!

本来ヒアルロン酸はヒトの細胞と細胞の間に多く含まれ、水分の維持や緩衝材のような機能によって細胞を保護していますが、老化にともなって体の中のヒアルロン酸は減少します。

お肌の透明感を作り出す新陳代謝、即ちお肌を生まれ変わらせることができる時間帯は一部に決まっていて、それは夜間就寝している間しかないそうです。

ここ日本では、皮膚が白く淀んだくすみや濃いシミの出ていない状態を好ましく感じる習慣は現代より前から広まっていて、「色の白いは七難隠す」という有名な諺もある。

洗顔せっけんなどで隅々まで汚れを洗い流さなければなりません。
洗顔せっけんは肌に合ったものを選んでください。
肌に合ってさえいれば、安いせっけんでも大丈夫ですし、固形の洗顔石けんでも何も問題はありません。

Continue reading “ヒアルロン酸は美容の最大栄養素?!”